防風通聖散の正しい飲み方ご存知ですか?ダイエットには食前?

防風通聖散ってダイエットや便秘改善に有効な漢方として有名ですが、正しい飲み方について理解されずに飲んでしまう方もいるんです。そんな場合でも漢方なので激しい副作用なんかはほとんど見られないんですが、やはり効果・効能は半減してしまいますよね。

そんなわけで今回は、防風通聖散の正しい飲み方について徹底解説していきましょう。

防風通聖散は『食前』か『食間』が基本

25752_top_2

防風通聖散に限らず、ほとんどの漢方薬は食前に飲むのが良いとされています。それは漢方が胃酸によって分解されることで効果をもたらすからなんですね。だから胃酸が多い食前がいいとされるんです。

それに、食後すぐには胃にいろんなものが溢れている状態なわけじゃないですか。そこに比較的マイルドな漢方を流し込んでも、吸収されずに流れてしまうことが多いとされているんです。

逆に効き目がダイレクトで強い西洋医学薬は、基本的に食後に飲みますよね。これは胃が空っぽのところに服用すると、胃を痛めてしまうためです。ここらへんが西洋医学の薬と漢方の違いですね。

ですから防風通聖散は食事の直前か、食後2時間以上あけてから服用することが推奨されています。

効果を最大化するなら食前の『空腹時』が最強!

ダイエットに防風通聖散を最大限活用したい人なら、「食前」か「食後」どちらが良いのかという疑問をもたれますよね。

これは言うまでもなく「食前」です。食前の最もおなかがすいている空腹時が漢方の吸収をもっとも促し、ダイエット効果や便秘改善効果も高いんです。

なので食事の30分前くらいが最も適しているといえますね。あまりにも直前すぎると分解前に食べ物と混ざってしまうので要注意です。

でも体質が弱い方は気を付けて

いくら効き目がマイルドな漢方でも、体質によっては副作用がある場合があるんです。特に胃が弱くて痛くなりやすい人なんかは、漢方によっても胃が傷つけられる可能性が考えられるます。

そうした場合は胃に内容物が適度に残った食間に摂取するのがよいでしょう。これなら副作用の可能性は最低限に抑えられます。

防風通聖散は『毎日』『3回』飲むことも大切!

防風通聖散は飲む時間を工夫するとともに、毎日欠かさず3回とることも重要です。これを忘れるとダイエット効果なんて望めませんよね。

例えば短期的な便秘改善を狙って防風通聖散を飲む場合なら、毎日欠かさず3回飲む必要はないかもしれません。でもそこから代謝を改善して体質を強化し、健康的に痩せていこうと思えば話は別です。

体質を変えていくわけですから一日や2日では効果が現れるはずがないんですね。長く持続的な服用をしていきましょう。くれぐれも焦りは禁物です。

白湯で飲むのが効果的

防風通聖散は錠剤と散剤の両方が市販されていますが、それらを飲む際に何と一緒に飲めばいいのか迷ってしまう方もいることでしょう。

答えは普通にお水で飲めばいいんですが、東洋医学はとにかく冷たい水を嫌いますよね。ですから錠剤をのむ際には常温か温い湯と一緒に飲むのがいいでしょう。

散剤でもお湯に溶かす必要はない

漢方というとお湯にとかして飲むイメージが強い方もいますよね。確かに葛根湯などの「湯」の文字がつく漢方は、お湯に溶いてゆっくり飲むことが推奨されているんです。それによって体を効率的に温めるわけです。

しかしながら防風通聖散の場合はそこまでする必要はありません。粉の薬であってもそのまま白湯と一緒に飲めばいいでしょう。もちろんお湯に溶いても害はないですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

防風通聖散は「食前か食間」に「1日3回欠かさず」、「常温の水か白湯で」飲むのが正しい飲み方です。これを守って健康的にダイエットや便秘改善につなげていきましょう。25752_top_2


関連記事


防風通聖散口コミランキング!