防風通聖散と飲み合わせできない薬とは?西洋薬、漢方薬にわけて紹介!

ダイエットに最適な漢方として有名な防風通聖散ですが、飲み始めるにあたって心配なこともたくさんあると思います。その一つが飲み合わせについてですよね。

というわけで今回は、防風通聖散の飲み合わせについて解説していくことにしましょう。

防風通聖散と他の漢方薬との飲み合わせは?

nikibi-kannpou

防風通聖散と他の漢方薬を飲み合わせる場合は、西洋医学薬との場合ほどは神経質になる必要はありません。漢方は効き目が穏やかなので、重篤な症状がでることは極めてまれなんです。

もちろん成分の重複により、服用過多になってしまえば体調を崩してしまうこともあるでしょう。そういった場合はただちに両方の漢方の服用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

偽アルドステロン症には要注意

ただし芍薬甘草湯など甘草を含む漢方と一緒に服用する場合には、偽アルドステロン症に要注意です。

偽アルドステロン症とは甘草を大量に摂取することでむくみが生じ、手足のだるさ、しびれ、ふるえなどの症状に至る病気です。

これもそれほど重い症状になることは少ないのですが、あらかじめ甘草のとりすぎに注意しておいても損はないでしょう。なので飲み合わせを注意するなら芍薬甘草湯です。

防風通聖散と西洋医学薬の飲み合わせは?

防風通聖散の飲み合わせにおいて、西洋薬との飲み合わせの場合は大きく危険度が変わってきますのでご注意ください。特に注意すべきは以下のような薬です。

エフェドリン(咳止め薬)

交感神経を刺激することで器官を広げ、咳を止める効果を持つエフェドリンは、防風通聖散との飲み合わせが最も危険な薬の一つです。間違っても同時に服用することはないようにしましょう。

同時というのは同日中、片方の効き目が残っている期間という意味なので、朝エフェドリンを飲んだら同日中はもちろん、効き目の残っている翌日も防風通聖散は飲んではいけません。

テオフィリン(喘息、気管支炎の治療薬)

こちらもエフェドリンと同様に、器官を広げ炎症を抑える薬です。こちらも交感神経を刺激する薬なので、防風通聖散との飲み合わせができません。

それ以外の薬でも、飲み合わせるなら必ず医師に相談を

ネットやドラッグストアで気軽に買える防風通聖散なんですが、西洋薬との飲み合わせにはどんなリスクが待っているかわかりません。危険なのはエフェドリンやテオフィリンだけではないんですね。

ですから防風通聖散と西洋薬を飲み合わせる場合には、必ず医師に相談してから行うようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

お手軽な漢方というイメージの防風通聖散ですが、飲み合わせには十分気をつかうようにしてくださいね


関連記事


防風通聖散口コミランキング!