防風通聖散のデメリットって何?副作用や注意点をまとめて紹介!

防風通聖散はダイエットに効く漢方として人気ですよね。最近ではサプリメント感覚で飲み始める人も多く、ブームはまだまだ続きそうです。

でも防風通聖散は強い漢方でもあるので、そのデメリットについても知ったうえで服用を開始したいところですよね。というわけで今回は、防風通聖散の副作用や注意点など、デメリットについて解説していきましょう。

防風通聖散のデメリットってなに?

36687d06f14ef15e45dab5d4518f042b697810c5

下痢になる確率は高い

防風通聖散は便通を改善して体内のデトックスを促し、新陳代謝の向上や脂肪の燃焼をもたらす漢方でしたよね。だから主成分の中に、下剤に相当する成分が含まれているんです。

下剤を飲むと当然誰もがお腹がゆるくなりますよね。もともと便秘気味の方ならこれもいいんですが、そうでない人にとっては大きな問題になりかねません。

だから下剤に相当する漢方が含まれていることが、防風通聖散の一つのデメリットともいえるんですね。ですが便通を改善しないと防風通聖散の効果は発揮できないことを考えれば、なんとも言えない感じです。

体質が弱いと漢方に負けてしまう可能性がある

前述のとおり防風通聖散は効き目が強い漢方なんです。なのでもともと体質が弱い方が飲んでしまうと、漢方の効き目に負けてしまう可能性があるんです。

そうなると下痢による脱水症状から体調の悪化、病気に対する耐性が弱くなるなど、かなり重大な症状にもつながってしまうわけです。

下痢以外にも胃痛や胃の不快感などの症状も多く報告されており、とにかく体質が弱い人には合わない漢方だといえるんですね。

何十年も飲み続けると思わぬ副作用も

体質が防風通聖散に合っている人でも、何十年も飲み続けていれば思わぬ副作用の可能性が出てきます。具体的には発疹やかゆみ、肝機能障害、腹痛などの症状が主です。

原因はよく明らかになっていませんが、強い効き目を持つ漢方は長期間の服用には危険も伴うということですね。

飲むだけでは痩せない人もたくさんいる

防風通聖散のことを「痩せ薬」のように勘違いして、飲むだけで痩せる魔法の薬だと思っている人もいるんです。でもそんなことって常識的にあり得ませんよね。防風通聖散はダイエットをサポートする漢方であっても、飲むだけで必ず痩せる薬ではないんです。

もちろん便秘が原因で新陳代謝がいちじるしく低下している方などは、防風通聖散だけで数キロ程度すぐに落ちることも十分考えられるでしょう。

ですが便秘じゃない人が飲むだけで即座に痩せるはずはありません。ましてや防風通聖散で安心して、食べる量が増えてしまっては太って当然です。

味が好きじゃない人も多い

あとは小さなデメリットなんですが、防風通聖散ってけっこう苦いから、味が苦手という人も多いんです。漢方の苦さが嫌いな人は、注意すべきかもしれませんね。

でもこれは錠剤コーティングの防風通聖散を飲めば解決することなので、銘柄選びを工夫するとよいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

防風通聖散はダイエットに効く効果的な漢方であることには変わりないんですが、上記のようなデメリットも理解したうえで服用するのが望ましいといえるでしょう。効き目を正しく理解したうえで、防風通聖散にトライしてみてくださいね。


関連記事


防風通聖散口コミランキング!